スマートフォン用の表示で見る

威力業務妨害

一般

威力業務妨害

いりょくぎょうむぼうがい

威力を用いて他人の業務を妨害すること。

刑法第234条で禁じられており、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。

この場合の業務とは、営業、生産など職業として行う経済活動だけでなく、社会生活において反復・継続して行う活動のことをさす。