スマートフォン用の表示で見る

一目均衡表

一般

一目均衡表

いちもくきんこうひょう

時系列チャートの一種

考案者である一目山人は相模太郎名義で都新聞(現在の東京新聞)に記事を書いていた。名前の由来は、相場が「一目」でわかるから。また、「均衡表」の意味は、変化日を中心にして前後で価格・期間が均衡すると考えることにある。

一目均衡表ローソク足に加えて,「転換線」「基準線」「遅行線」「先行スパンA」「先行スパンB」から構成される.

転換線

過去9日間の高値と安値の平均値

基準線

過去26日間の高値と安値の平均値

遅行線

本日の終値を26日前にさかのぼって記入する(終値チャートを26日分左へ平行移動した線になる)

先行スパンA

転換線と基準線の平均値を26日先に記入したもの.

先行スパンB

過去52日間の高値と安値の平均値を26日先に記入したもの