スマートフォン用の表示で見る

浦飯幽助

マンガ

浦飯幽助

うらめしゆうすけ

幽遊白書の主人公。初登場時は14歳の中学2年生。喧嘩が大好きな皿屋敷中学きってのワル。キリッとしたつり目と、リーゼントが特徴。

決め台詞は「伊達にあの世は見てねぇぜ!」。

初登場の第1話で、車に撥ねられそうな子どもを守り、いきなり命を落とす。その後、コエンマの計らいで霊界探偵として善行を積むことを条件に蘇った。

人物像

短気で気が荒く喧嘩っ早い性格であるが、心根は良い。皿屋敷中学校の教員達から目の仇にされる一方で、生徒指導部の竹中だけは、いつも幽助を小突いては気にかけていた。

霊体になっていた時もかつての気弱な同級生に乗り移り、ボクシング部のチンピラ部員を全殺しにしたこともあった。まさに三度のメシよりケンカ好きとはこのことである。

強くなるためには修行を怠らない努力家でもある。

潜在的に霊力が高く、幻海師範との出会いによって、自らの才能を開花させることができ後に幻海から霊光波動の全てを継承している。

霊界探偵の仕事を通じて桑原・蔵馬・飛影らかけがえの無い戦友に出会い、幼馴染の螢子などの大切な仲間達を守りながら、数々の闘いを通してその人間的魅力を増していった。

血統

母親は人間である浦飯温子だが、後の設定では魔族の雷禅が人間界に来た際、一夜を共にした人間の女性との間にできた子どもだという事実により、魔族の血が流れていることが知らされる。仙水忍に心臓を一突きにされたことがきっかけで、魔族としての血が完全に覚醒した。以降、心臓は止まっているが変わりに核と呼ばれる魔族の心臓が機能している。

戦闘スタイル

何よりも1対1の闘いを好み、肉弾戦を得意としている。集団における戦闘経験があまり無いため、多角的な攻撃に弱い点を仙水に指摘されている。

必殺技は霊気を人差し指の先に集中させた霊丸(レイガン)。初期では1発だったが、修行を重ね霊力があがることで4発まで打てるようになった。

しかし、仙水編での魔族覚醒後、妖怪に転生したことで、霊気ではなく妖気をこめて打つようになった。

また、アニメオリジナルの設定では、黄泉との戦闘中に妖気と霊気の混合弾を打てるようになっている。