英国国教会

一般

英国国教会

えいこくこっきょうかい

Church of England

ローマ教皇の教導権から独立した、イギリス国民のキリスト教会英国教会、英国聖公会イングランド国教会聖公会アングリカン・チャーチともいう。

イギリス国王ヘンリー8世(在位1509〜1547)の離婚問題を契機に、ローマ教皇庁と袂を分かち、成立した。

背景には、ウィクリフカルヴァンらの宗教改革の影響がある。