スマートフォン用の表示で見る

演技性人格障害

サイエンス

演技性人格障害

えんぎせいじんかくしょうがい

過度に情緒的で、度を過ごして人の注意を引こうとする行動を起こす人格障害。成人期早期に始まり、さまざまな状況で明らかになる。ヒステリーの症状*1を起こしやすいのでヒステリー人格とも言う。

DSM-IVの診断基準では以下の通り。

以下のうち5つ(またはそれ以上)で診断される。

1)自分が注目の的になっていない状況では楽しくない。

2)他人との交流は、しばしば不適切なほどに性的に誘惑的

  または挑発的な行動によって特徴づけられる。

3)浅薄ですばやく変化する感情表出を示す。

4)自分への関心を引くために絶えず身体的外見を用いる。

5)過度に印象的だが内容の詳細がない話し方をする。

6)自己演技化、芝居がかった態度、誇張した情緒表現。

7)被暗示的、つまり他人または環境の影響を受けやすい。

8)対人関係を実際以上に親密なものとみなす。

*1:現在ヒステリーアメリカでは使われておらず、現在の診断では解離性障害転換性障害などと呼ぶ