スマートフォン用の表示で見る

王シフト

スポーツ

王シフト

おうしふと

プロ野球における、守備のシフトの1つ。

1962年読売ジャイアンツ王貞治の打球のほとんどが右翼方面に飛んでいることから、広島カープの監督であった白石勝巳が考案し採用。

MLBにおいて、「打撃の神様」ことテッド・ウィリアムズ対策としてクリーブランド・インディアンズの監督だったルー・ブードローが考案したブードローシフト?が原型。

陣形


その後、松井シフト等に応用される。