スマートフォン用の表示で見る

黄海海戦

一般

黄海海戦

こうかいかいせん

黄海で行われた海戦

一般には日清戦争中のものと日露戦争中のものが知られている。

明治27年(1894年)9月17日

日清戦争における大日本帝国海軍連合艦隊と清国北洋艦隊(戦艦定遠鎮遠巡洋艦来遠、経遠、済遠、靖遠、致遠、超勇、揚威、広甲他4隻)との海戦。戦闘四時間、北洋艦隊は経遠、致遠、揚威、超勇を撃沈される。日本連合艦隊は撃沈なし。これにより、日本が黄海制海権を確立する。

明治37年(1904年)8月10日

日露戦争における大日本帝国連合艦隊ロシア旅順艦隊(戦艦ツェザレウイッチ、レトヴィザン、ポビエダ、ペレスウェート、セヴァストーポリ、ポルタワ、巡洋艦アスコリド、バルラーダ、ディアーナ、ノーウィック、駆逐艦8隻)との海戦。ウラジオ艦隊に合流すべく旅順を発ったロシア旅順艦隊に追撃すること五時間にして、敵旗艦の司令塔を撃破し、司令長官以下戦死させる。これによりロシア旅順艦隊は敗走し、旅順または中立港に逃げ込み、戦力半減する。