壬午事変

壬午事変

(読書)
じんごじへん

1882年7月23日に、興宣大院君らの煽動を受けて、朝鮮の漢城(後のソウル)で大規模な兵士の反乱が起こり、政権を担当していた閔妃一族の政府高官や、日本人軍事顧問、日本公使館員らが殺害され、日本公使館が襲撃を受けた事件である。壬午軍乱、朝鮮国事変、あるいは単に朝鮮事変とも呼ぶ。以下に示す理由から大院君の乱と言うものもある。

新着ブログ: 壬午事変