スマートフォン用の表示で見る

加藤大治郎

スポーツ

加藤大治郎

かとうだいじろう

1976年7月4日生まれ。

2001年には2輪モータースポーツの最高峰、世界選手権GP250クラスでシリーズチャンピオン(クラス年間最多勝利を更新)に輝く。2002年には、文部省スポーツ功労顕彰受賞を受賞。

2003年4月6日、世界選手権MotoGPクラス日本GP決勝にて、走行中にクラッシュ、意識不明のまま、病院に運ばれたが、同年4月20日未明、逝去した。享年26歳。

2003年に16人目のMotoGPレジェンド(殿堂)入り。

彼のゼッケン「74」は永久欠番

番号の由来は一目瞭然、彼の誕生日(7月4日)にちなむ。

1993年
九州選手権SP250・GP125・GP250 3クラスシリーズチャンピオン
1994年
全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 7位 第8戦 TI英田 初優勝
1995年
全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 5位
1996年
全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 2位、世界選手権GP250クラス 日本GP(初出場) 3位
1997年
全日本選手権 GP250クラス シリーズチャンピオン世界選手権GP250クラス 日本GP 優勝、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久 総合9位
1998年
全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 8位、世界選手権GP250クラス 日本GP 優勝
1999年
全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 2位
2000年
世界選手権 GP250クラス シリーズランキング 3位、GP250クラス ルーキーオブザイヤー受賞、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久 総合優勝
2001年
世界選手権 GP250クラス シリーズチャンピオン、年間最多優勝回数新記録 11勝、文部科学省 スポーツ功労者顕彰
2002年
世界選手権 MotoGPクラス シリーズランキング 7位、MotoGPクラス ルーキーオブザイヤー受賞、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久 総合優勝
Daijiro.net