勧進相撲

スポーツ

勧進相撲

かんじんずもう

現在の日本の大相撲の源流となる興行相撲。鎌倉時代後期から行われていたと言われている。当初は寺社建築や修繕のために行われたが、江戸時代になると営利目的で勧進とは名ばかりの興行が行われるようになった。