勧進相撲

(スポーツ)
かんじんずもう

現在の日本の大相撲の源流となる興行相撲。鎌倉時代後期から行われていたと言われている。当初は寺社の建築や修繕のために行われたが、江戸時代になると営利目的で勧進とは名ばかりの興行が行われるようになった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ