環境社会学

一般

環境社会学

かんきょうしゃかいがく

環境社会学の設立コンセプト

環境問題を「社会問題」ととらえ、社会学の視点から切り取って考える学問である。

社会問題と捉えているので、"問題解決"に重きが置かれ、政策科学的なアプローチが強くなる傾向がある。

環境問題は「今世紀最大の社会問題」とも言われ、「複合要因的な問題の解決」のために様々なアプローチが模索されている。

社会と環境との相互関係を明らかにし、自然環境に依存し、自然環境に対し大きく影響を与えている人間社会について研究し、

発生している問題の構造を明らかにして、共存の道を明らかにしようとしている。


分析対象

  1. 原生自然
  2. 改変された自然環境
  3. 人工的環境
  4. 環境問題」への社会的対応現象


日本の環境社会学の理論

・「受益圏・受苦圏」「被害構造論

・「社会的ジレンマ」→環境破壊のページも参照のこと。

・「生活環境主義」 ・よそ者