スマートフォン用の表示で見る

還元水

一般

還元水

かんげんすい

水道水を電気分解することによりマイナス電極側(カソード、陰極、正極)から生成される。

電解質として乳酸カルシウムを加えた水を電気分解するとカソードには水酸化カルシウムの水溶液ができる。薄い炭酸水である。国立大蔵病院の田代先生らの臨床試験結果から、通常の浄化水と比べて胃腸内異常発酵をはじめとする胃腸内諸症状(腹部愁訴)の改善に幾分効果が認められた。

ペーハーが8〜9.5までの飲用に適する範囲の水。

さらに、強電解することにより強還元水が生成される。

これは、ペーハーが11以上あり飲用には適さない。

還元水は、還元水の特徴が強力になり、油や脂・錆を取る洗浄水となる。