スマートフォン用の表示で見る

関西鉄道

地理

関西鉄道

かんさいてつどう

関西鉄道とは、近畿東部と南部(大阪滋賀奈良三重和歌山)に路線を敷設した鉄道会社で、本社は大阪市南区湊町(現在の中央区湊町)にあった。

JR関西本線JR和歌山線JR奈良線JR草津線JR紀勢本線JR片町線JR桜井線JR大阪環状線の前身でもある。

設立と路線拡大

明治21(1888)年3月、三重県四日市市において設立明治22(1889)年12月の草津〜三雲間開通を皮切りに、翌年には、柘植を経て四日市まで延伸させた。明治28(1895)年11月には、草津名古屋間全面開通を実現させた。

その後は、京阪間への路線延伸を計画。明治30(1897)年には、片町四条畷を結ぶ『浪速鉄道』を吸収合併したほか、柘植〜加茂間を開通させた。翌年には、四条畷〜長尾間、四条畷〜木津間が開業。また、東大寺大仏の観光用として『大仏鉄道』を開業させたほか、寝屋川〜網島間が開業して“名阪間”直通が実現したのだった。

明治33(1900)年には、湊町奈良間と王寺〜官設鉄道大阪間を結ぶ『大阪鉄道』を合併大阪ターミナル駅を網島から湊町へ移転した。

明治37(1904)年から翌年にかけて、和歌山〜五条間を結ぶ『紀和鉄道』、五条〜高田間を結ぶ『南和鉄道』、官設鉄道京都〜桜井間を結ぶ『奈良鉄道』を合併したのだった。

明治40(1907)年8月に大仏鉄道を廃止。2ヵ月後の10月、鉄道国有化によって国有化され、官設鉄道関西線などとなった。