スマートフォン用の表示で見る

機種依存文字

コンピュータ

機種依存文字

きしゅいそんもじ

特定の機種や環境(OSフォント)に依存する文字。丸付き数字、ローマ数字*1、拡張文字、i-mode絵文字などがこれにあたる。

違う環境では文字化け*2してしまうのでネット上での使用には注意が必要。


特にやっかいなのがNEC選定IBM拡張文字やIBM拡張文字といわれる漢字群*3

JIS第3・第4水準の文字や異体字を、文字コードの未定義領域などに無理やり割り当てている。

Unicodeとの互換性に問題があるが、Windows環境では問題なく表示されてしまうため、知らないうちにWeb上で使用してしまっているユーザーが多い。


関連
機種依存文字使用キーワード

*1:Webでは半角の「I」「V」「X」等の組み合わせでの表記を推奨。

*2:バージョン1.2以前のSafariヒラギノの環境では文字が表示されない

*3:草磲剛の「磲」、郄村薫の「郄」、内田百輭の「輭」など