スマートフォン用の表示で見る

鬼十則

一般

鬼十則

おにじっそく

広告会社最大手で、広告ばかりでなく日本のメディア、ひいては社会を牛耳るあの電通に「鬼十則*1というものがある。

現代広告の基礎を作り、広告界の発展に尽くした第4代社長・吉田秀雄氏が説いたもので今でも電通マンの行動規範となっているようだ。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

まさに「鬼」の十則だが、本質を突いていてわかりやすい。

電通がここまで大きくなった理由でもあろうが、やはり広告屋には営業的センスが大事なのだろうと思う。

サービス精神によって人脈というネットワークを作り上げることで、今の電通業務網は出来上がっているといえる。

人を利用し利用される関係こそ、真のコミュニケーションであり、それこそビジネスである、ということではないだろうか。

だから、営業にも創造性が、クリエイティブにもアカウント志向が必要だといわれるのだ。

ITのネットワークコミュニケーションのスピードを早めたのだから、そこに問題があるとすれば、質の問題である。

人間の質が問われる時代に、鬼はまた担がれるのか。

いや、鬼の意は担がれることにない。担ぐべき次の誰かを指しているのだ。


電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ

電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ


*1電通鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ/植田 正也・著(日新報道ISBN:4817405023