スマートフォン用の表示で見る

宮本恒靖

スポーツ

宮本恒靖

みやもとつねやす

元サッカー選手。ポジションはディフェンダーセンターバックリベロ)、ミッドフィルダーボランチ)。

1977年2月7日生まれ。大阪府富田林市出身。身長176cm、体重72kg。血液型A型。



ガンバ大阪ユース時代から年代別のサッカー日本代表に選出され、1995年FIFA U-17世界選手権1997年FIFAワールドユース選手権、2000年シドニーオリンピックに出場した。U-17から代表でチームメイトだった中田英寿松田直樹とは同学年の早生まれという共通点がある。

ディフェンダーとして体格には恵まれていなかったが、鋭い読みと的確なカバーリングが持ち味で、強いリーダーシップでディフェンスラインを統率した。クラブのみならずU-17からA代表まで全カテゴリで主将を務め、フィリップ・トルシエジーコ両体制でも主将に指名された。

2000年にA代表デビュー。2002年FIFAワールドカップでは、直前で負傷した鼻骨骨折を守るためにフェースガードを付けて出場。この際、白いフェースガードを黒いマジックで塗りつぶしていたことから「バットマン」と呼ばれた。2004年のAFCアジアカップ、準々決勝ヨルダン戦ではPK戦に持ち込まれたが、ペナルティーマーク付近のピッチの状態が悪く、中村俊輔三都主アレサンドロが相次いで外した。宮本がレフェリーに英語でサイドを変えることを提案、これが認められ反対側のゴールに変わったことでPK戦の流れが変わり、川口能活のスーパーセーブもあって勝利に結びつけた。決勝でも中国に完勝して優勝、大会ベストイレブンにも選出された。2006年FIFAワールドカップでは、2敗1分でグループリーグ敗退に終わった。日本代表国際Aマッチ71試合出場、3得点。

2011年シーズン限りで現役引退。今後はFIFAマスター及びヨーロッパにおいて指導者ライセンス取得を目指すという。

所属クラブ

1987.5-1989.3
伏山台FC
1989.4-1992.3
金剛中学校(大阪・富田林)
1992.4-1994.12
ガンバ大阪ユース
1995.1-2006
ガンバ大阪*1
2007-2008
FCレッドブル・ザルツブルク
2009-2011
ヴィッセル神戸

*1:入団と同時に同志社大学に進学。6年かけて卒業した。