スマートフォン用の表示で見る

強要罪

社会

強要罪

きょうようざい

刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。

権利の行使を妨害し、義務でないことを強制することで成立する。

条文

第223条

1.生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。

2.親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。

3.前2項の罪の未遂は、罰する。