スマートフォン用の表示で見る

個体値

ゲーム

個体値

こたいち
リスト::ポケモン --> 個体値

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおける、ポケモンの隠しパラメーターの1つ。

プレイヤーの間で広く使われている俗称であり、正式名称は存在しない。個体値は初めてそのポケモンが登場したときに決定され、それ以降一切変動することはない。そのため、個体値の高いポケモンを手に入れるには、何度も捕まえるかタマゴを孵化させる必要がある。

公式には発表されていないが、『エメラルド』や『プラチナ』のある施設にいる人のセリフや、『ダイヤモンド・パール』以降の「こせい(補助性格)」など、個体値を参照する要素が登場しており、存在を示唆している点もある。

『ルビー・サファイア』以降の個体値

連動要素は世代を追う毎に増えているが、個体値そのものの仕組みは『ルビーサファイア』と『オメガルビーアルファサファイア』の間で一貫して以下の通りとなっている。

ポケモンには、「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」の各パラメーターごとに0から31までの個体値が割り振られており、個体値によって各パラメーターが変わる。

個体値の組み合わせは10億7千万通り*1を超え、さらに性格*2努力値などが絡む*3ことから、全く同じステータスのポケモンが現れることはほぼない。

わざ「めざめるパワー
めざめるパワー」のタイプや威力は、各個体値によって決定される。
こせい(補助性格
ダイヤモンド・パールから追加された「こせい」は、そのポケモンの最も高い個体値を5で割った余りで決定される。
31は一発確定
エメラルド版やプラチナ版以降では個体値を見てくれるNPCがいる。そのNPCが最も高い能力の個体値を見たときに「さいこう」「ぱーふぇくと*4」の台詞は31のときだけ出る。
タマゴ未発見
第6世代『X・Y』からは、伝説のポケモンに対して、6つの能力の内3つが必ず最大の31になるという補正がかけられている。『X・Y』ではリオルなどかつてのポケモンカードにおける「ベイビィポケモン」に相当するポケモン、すなわちタマゴ未発見のポケモン全てに補正がかかっている。

ちなみに公式サイトに個体値を示唆する内容が紛れ込んでいたりした。

最高の力を持つ、攻撃と素早さ!

攻撃や防御といったポケモンの能力は、同じ種類・レベルのポケモンでも、個々のポケモンごとに異なっている。今回プレゼントされる特別なゲノセクトは、その中でも最高の攻撃と素早さを持っているのだ。自分のポケモンがどのくらいの能力を持っているかは、殿堂入り後にライモンシティのバトルサブウェイに登場する、「ジャッジ」から教えてもらうことができるぞ。

no title

『クリスタル』以前の個体値

クリスタル以前では、「こうげき」「ぼうぎょ」「すばやさ」「とくしゅ」(「とくこう」「とくぼう」はもともとは攻防一体だった)の各パラメーターごとに0から15までの個体値が割り振られている。また、それらの各個体値奇数偶数に応じてHP個体値が決定される。

個体値の組み合わせは6万5536*5通りである。

また、性別と色違いの判定は個体値によって決定される。

インターネット上の略称

インターネット上では、個体値31であることを32進数の“V”を付けることが多い(例:素早さV)。同様に個体値30では“U”となる。

また、個体値に限ったものではないが、「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」を順にH,A,B,C,D,SHABCDS)と表記することが広く知られている。素早さの個体値が31の場合には“SV”となるが、個体値の分野では単に“S”とすることもある。また、個体値30では“U”を付ける以外にもh,a,b,c,d,sと小文字で表記することもある。

個体値が0のパラメーターは、これらの呼称の前に「」とつけて表記される(例:S逆V、逆S)。

ポケモン+ノブナガの野望

外伝作品では存在しないことが多い個体値であるが、『ポケモン+ノブナガの野望』では同じポケモンでも初期ステータスが異なることがある。

すなわち、本編と同じ性質を持つ個体値が存在していることになる。

*1:実際は2の30乗 = 10億7374万1824通り

*2:表向きは25通りだが、実際は(2^32−2^8)=42億9496万7040通りもある。

*3:理論的には2^38*(2^24-1)*3^18*7^6≒2.10*10^32となる。ちなみに2^107≦2.10*10^32<2^108である。

*4原文ママ

*5:2の16乗