高山良策

アート

高山良策

たかやまりょうさく

1917-1982 山梨県生まれ。画家、怪獣造形師。

独学で絵を学ぶ。1938年応召。1940年日本水彩画会展に入選。福沢一郎?絵画研究所に学び、美術文化協会展に出品。1946年山下菊二?、大塚睦?らと前衛美術会を結成。1951・52年、日仏現代美術展で二等賞。


また、飯沢匡人形劇の人形を作っていたこともある。


のち、大映映画で「大魔神」、円谷プロで、初期ウルトラ・シリーズの怪獣の着ぐるみの制作に携わる。怪獣デザイン担当の成田亨との名コンビで、現在でも伝説的な怪獣たちを創造した。


2001年練馬区立美術館で「高山良策の世界展」が開始された。