国道171号線

地理

国道171号線

こくどうひゃくななじゅういちごう

京都西宮を結ぶ一般国道.通称イナイチ.北摂地域の大幹線となる国道で,ほとんどの部分が片道2車線となっている.

京都東寺付近を起点とし,京都市南区の市街地を経て久世橋で桂川を渡る.向日市長岡京市大山崎町,島本町のそれぞれ南東部を名神高速東海道新幹線JR京都線阪急京都線と平行して走る.高槻市では八丁畷交差点で国道170号線と接続,茨木市名神高速茨木ICとも連絡している.

茨木市から前述各線は大阪市内を目指して南東に延びるが,国道171号線は西に方向を変え,まず箕面市を通過する.池田市では中国道 (中国池田IC),国道176号線と交差した後,南西に方向を変え,伊丹市尼崎市を経て終点の西宮市に至る.

西宮市内で阪急今津線を跨ぐ高架が阪神大震災のときに落下したことが記憶に新しい.