スマートフォン用の表示で見る

国衙領

一般

国衙領

こくがりょう

日本史の用語の1つで平安時代中期頃以降の公領のことを指す。荘園の反対語。国衙国司地方政治を遂行した役所が置かれていた区画)の権限が及ぶ領地である。