国衙領

(一般)
こくがりょう

日本史の用語の1つで平安時代中期頃以降の公領のことを指す。荘園の反対語。国衙(国司が地方政治を遂行した役所が置かれていた区画)の権限が及ぶ領地である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ