スマートフォン用の表示で見る

魂斗羅スピリッツ

ゲーム

魂斗羅スピリッツ

こんとらすぴりっつ

コナミより1992年2月28日に発売されたスーパーファミコンアクションゲーム

魂斗羅」シリーズ初の家庭用オリジナル作品。海外では「Contra III: The Alien Wars」のタイトルで発売されており、「魂斗羅」「スーパー魂斗羅」に続くシリーズ第3作目と位置づけられている。

ストーリーは西暦2636年、エイリアンに侵略された地球を舞台に、ビル・ライザーとランス・ビーンの魂斗羅チームが熱き戦いを繰り広げる。スーパーファミコンの性能を生かしたグラフィックスや多彩な演出が特徴。前作と同様、「サイドビューステージ」と「トップビューステージ」があり、トップビューステージではSFCの拡大・縮小・回転機能を駆使したステージ構成となっている。またボタンが増えた分、使えるアクションも増え、2種類の銃を使い分けたり、銃の角度固定などが出来るようになった。シリーズ最高傑作との呼び声が高い。

Wiiバーチャルコンソールで2007年1月16日より配信されている。価格は800Wiiポイント


1994年9月23日にゲームボーイ版が発売された。ダウングレード移植で出来は良くない。2人同時プレイもなし。

2002年11月14日には、ゲームボーイアドバンスで「魂斗羅ハードスピリッツ」が発売された。スーパーファミコン版「魂斗羅スピリッツ」をベースに、一部のステージを「魂斗羅ザ・ハードコア」のステージに差し替えるなどしたアレンジ移植版。