スマートフォン用の表示で見る

佐々木主浩

スポーツ

佐々木主浩

ささきかづひろ

プロ野球横浜ベイスターズの選手。野球解説者。

通称「大魔神」「ササキ様*1

右投右打、ポジションは投手。背番号は22番*2

1968年2月22日生まれ。宮城県仙台市泉区出身。

中学時代に当時の東北高校の監督に見初められ、東北高校に進学。

エースで主将として1986年、夏の甲子園に出場。卒業後、東北福祉大学に進学。

1990年ドラフト1位で横浜大洋ホエールズに入団。

2年目の1992年以降、クローザーとして頭角をあらわす。

1998年には救援投手の日本記録を全て更新、この年のセ・リーグ優勝、日本一に貢献した。


2000年、FA宣言し権利を行使して、シアトル・マリナーズに移籍。

落差の大きいフォークボールを武器に、メジャーリーガーと対等に渡りあった。*3MLB新人王を獲得。

2003年、怪我で後半戦を棒に振ってしまう。残留するという選択肢もあったが、家族を大事にしたいという思いから日本復帰を決意。横浜ベイスターズに再入団した。

2004年8月、自身初の3試合連続救援失敗、一度は引退を示唆も周囲の説得により現役続行。

2005年8月7日、当年限りでの現役引退を発表。9日には地元仙台*4で最後の登板をし、親友清原和博から三振を奪う。

同年10月8日、ヤクルトスワローズ戦で引退セレモニーが行われた。

2006年にはNAR、2007年にはJRA馬主にも登録され、ヴィルシーナ栗東友道康夫厩舎)がクイーンカップを制覇。馬主として重賞初勝利となる。

みやぎ夢大使」。(2005年-2006年)

2014年フォークボールを武器に日米でクローザーとして活躍したことが評価され、野球殿堂入り。

リスト::野球選手

*1:「ハマの大魔神」と言う事もある。また、大リーグ時代は「KAZ」(Kaz Sasaki)とも呼ばれた。

*2:2月22日生まれであることに由来。現在は準永久欠番となっており、永久欠番と成ることが確実視されている

*3:全盛期のフォークボールについて、横浜ベイスターズの元・監督であった権藤博は「ボールが消える」と評した。

*4フルキャストスタジアム宮城での読売ジャイアンツ主催試合。