スマートフォン用の表示で見る

佐々木誠

スポーツ

佐々木誠

ささきまこと

野球選手・指導者。通称「ミスターホークス?」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は57→0→3→1→8番。

1965年10月3日生まれ。岡山県倉敷市出身。

水島工業高校*1から1984年ドラフト6位で南海ホークスに入団。

1987年に一軍定着。

1989年、チームが福岡ダイエーホークスになってからは、中堅手右翼手の定位置となる。

門田博光山本和範と共にホークスのスター選手であり、平和台野球場時代のホークスを支えた。


1994年、秋山幸二渡辺智男内山智之との3対3の「世紀のトレード」で、村田勝喜橋本武広と共に西武ライオンズに移籍。

同年、3番打者として清原和博とコンビを組み、パ・リーグ優勝に貢献。

走攻守三拍子揃った選手で、1990年代を代表する選手として活躍。

「メジャーに最も近い男」*2と称された。

1997年、主に6番を打ち、パ・リーグ優勝に貢献した。

1998年、腰痛などの影響、小関竜也の台頭、そして東尾修監督との対立もあり、出場機会が少なくなる。


1999年、金銭トレードで阪神タイガースに移籍。


2001年、MLBへ挑戦し複数の球団のテストを受けるも叶わず、アメリカ独立リーグでプレーする。

同年、マスターズリーグ大阪ロマンズに選手として参加。12月、現役引退。


2003年、福岡ダイエーホークスの二軍守備・走塁コーチとして古巣復帰。

2004年、オリックス・ブルーウェーブの一軍外野守備走塁コーチに就任。

オリックス・バファローズとなってからも1シーズン守備走塁コーチを務める。


退団後は野球解説者、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手として活躍。

2006年、青島健太に招聘され、社会人野球セガサミーのコーチに就任。

*1:高校時代は投手

*2:命名者は青島健太