スマートフォン用の表示で見る

斎藤雅樹

スポーツ

斎藤雅樹

さいとうまさき

80〜90年代のプロ野球選手。現・読売ジャイアンツ投手コーチ。

右投右打。ポジションは投手背番号は41→11番。

1965年2月18日生まれ。埼玉県川口市出身。

立川口高校から1983年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

藤田元司監督のアドバイスにより1年目にサイドスローに転向。*11987年に一軍に定着。

1989年、先発投手として定着。20勝を上げ、最多勝を獲得。

リーグ優勝日本一にも貢献。同年、日本新記録となる11試合連続完投勝利を記録。

槙原寛己桑田真澄と共に三本柱として90年代の巨人を支えた。

親友村田真一とのバッテリーは絵になるものであった。

1990年背番号を11に変え、20勝5敗、防御率2.17で2年連続最多勝最優秀防御率のタイトルを獲得。

最多勝5度、沢村賞3度はいずれも日本プロ野球史上1位の記録である。

2001年、現役引退。

2002年、読売ジャイアンツの一軍投手コーチに就任。2003年、退団。

退団後はフジテレビの野球解説者を務める。また、モルツ球団の選手としても活躍。


2006年、読売ジャイアンツの一軍投手コーチに就任し、球団復帰。

*1:優れた野球センスを持っていて、須藤豊2軍守備コーチ(当時)は野手転向を進言していた。