雑種強勢

動植物

雑種強勢

こうざつきょうせい

交雑によりそれらのどちらよりも優れた形質の雑種となる事。ヘテロシス。雑種第一代が両親のいずれよりも大きさや病気、環境に対する抵抗性あるいは生産力などの点ですぐれた形質を示す現象である。

雑種強勢の例としては雌の馬と雄のロバの子であるラバがある。また、雑種強勢を利用した農作物ハイブリッド品種とかF1作物と呼ばれている。