メダカ

(動植物)
めだか

めだか、目高
メダカ科メダカ属
全長3センチ前後の淡水魚。池・沼・小川などにすみ、淡水魚の中で日本一小さい。
従来は日本産メダカ属は1種と考えられてきたが、ミナミメダカOryzias latipesとキタノメダカO. sakaizumiiの2種に分けられ、「メダカ」の和名は破棄された。

種類としてはさまざまで、クロメダカ(原種メダカともいう)や青メダカ、ヒメダカ、白メダカ、楊貴妃などの品種がある。

また新潟県の一部の地域ではメダカを佃煮にして食べる習慣があり、冬場のタンパク質源として山の池で養殖されたヒメダカが使用される。


関連語 リスト::動物 リスト::魚類

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ