スマートフォン用の表示で見る

三枝成彰

音楽

三枝成彰

さえぐさしげあき

作曲家。旧名は三枝成章

1942年兵庫県生まれ。生後40日後東京に。

東京芸術大学大学院修了。在学中に安宅賞を受賞。

現在、東京音楽大学教授、神戸女子大学客員教授を勤める。

代表作として、オラトリオヤマトタケル」、オペラ「千の記憶の物語」、ヴァイオリン協奏曲「雪に蔽われた伝説」、「レクイエム曽野綾子リブレットによる」、「太鼓について−太鼓協奏曲」等の作品がある。

アニメ音楽では「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」等を担当。

映画音楽では「優駿ORCION」「お引越し」「MISTY」等、テレビ番組の音楽では、NHK大河ドラマ太平記」「花の乱」等、多数の作品を手がけている。

またオーストリアの国際財団モ−ツァルテウムからの依頼で、モ−ツァルトの未完曲「ヴァイオリンヴィオラチェロのための協奏交響曲イ長調」を補筆・完成し、モ−ツァルト没後200年を記念してザルツブルクの催しで演奏されたことも、話題となった。

1997年5月には、構想に10年近くをかけたオペラ忠臣蔵」を完成・初演し、各界の注目を集め、さらに2000年5月5〜6日には愛知県芸術劇場オペラ忠臣蔵」改訂版を再演し2002年1月には東京新国立劇場にて再演。

2004年4月プッチーニオペラ蝶々夫人」の息子を主人公とした、オペラJr.バタフライ」を東京文化会館にて初演。好評を博す。

CD作品としては、「哀しみのビ−トルズ」「泣きたいだけ泣いてごらん〜三枝成彰編曲による日本の歌」ベルリンフィル12人のチェリストたち、ファンハウス、「三枝成彰 コンチェルトの夜」EPICソニー、など数多くのCD作品をリリースしている。

なお「オペラ忠臣蔵」のCD、ビデオ、レーザーディスクソニー・クラシカルからリリ−スされ、英語字幕付きのビデオ、CDは邦人作曲家オペラ作品として初めて、全世界27ヵ国で発売された。

司会者としても、11PMの司会を担当した。

著書としては「知ったかぶり音楽論」朝日新聞社、「三枝成彰オペラの楽しみ方」講談社、「譜面書きの遠吠え」廣済堂出版、「大作曲家たちの履歴書中央公論新社、「三枝成彰オペラに討ち入る」WAC出版、他多数がある。