スマートフォン用の表示で見る

三宅精一

社会

三宅精一

みやけせいいち

安全交通試験研究センターの初代理事長。友人の失明をきっかけに1965年に「視覚障害者誘導用ブロック点字ブロック)」を発案・発明し、1967年3月18日、岡山県岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設された。