山本美憂

スポーツ

山本美憂

やまもとみゆう

日本の元女子レスリング選手で、現在はスポーツキャスター。女子レスリングの日本におけるパイオニア的存在。現役引退と復帰を繰り返している。

1974年8月4日生まれ、神奈川県出身。身長は155cm。

東京・朝日住建日体クラブ〜東京・日体パンサーズに所属。コーチは木口宣昭山本郁栄レスリング歴は13年に及ぶ(1986年〜95年、98年〜99年、02年〜)。

全日本女子選手権成績

  • 80年代 87年=優勝、88年=優勝(以上44kg級)、89年=優勝、
  • 90年代 90年=優勝、91年=優勝(以上47kg級)、94年=優勝(50kg級)、95年=優勝(47kg級)、98年=3位、99年=優勝(46kg級)
  • 00年代 02年=5位(48kg級)

世界女子選手権成績】

  • 90年代 91年=優勝(47kg級)、94年=優勝(50kg級)、95年=優勝(47kg級)、98年=2位(46kg級)

アテネオリンピックでのメダルラッシュに沸いた女子レスリング。しかし、その栄誉も、女子レスリングがオリンピック種目として採用される以前から果敢に世界に挑み、頂点に上り詰めた元・世界選手権王者“山本美憂”の存在抜きには語れない という。

エピソード

ミュンヘンオリンピックレスリング代表だった父親・山本郁栄の影響で小学生のころからレスリングに打ち込み、世界選手権は年齢制限のため90年大会までは出場できなかったが、しっかりと実力を養成し、91年の東京開催の世界選手権で、当時の大会最年少記録である17歳の若さで世界女子レスリング選手権に優勝する。さらに、持ち前の美貌から日本中の話題を集めた。なお、「美憂」という名前は、父・郁栄がオリンピック代表に出場したミュンヘンにあやかって名づけたとされる。

女子レスリングが2004年アテネ五輪で初めて正式種目となることが決まり、五輪挑戦の夢を捨てきれず現役復帰を決意。妹の聖子(ジャパンビバレッジ)と共にオリンピック出場へ向け2002年の天皇杯で3度目となる現役復帰を果たす。2004年2月に行われたオリンピック代表選手選考試合であるジャパンクイーンズカップで惜しくも3位となり、残念ながらアテネ五輪の出場権の夢を逃した。現在でも女子レスリング界のパイオニアとして、多くのファンや後輩から支持されている

家族

婚歴