死の家の記録

一般

死の家の記録

しのいえのきろく

ドストエフスキーシベリア流刑をもとにした長編小説。

死刑宣告―流刑後のドストの覚醒を、地下室の手記が思想的に物語るとするなら、こちらは体験的に物語っていると言えよう。(―死刑体験は白痴で述べられている)