スマートフォン用の表示で見る

住宅・都市整備公団

一般

住宅・都市整備公団

じゅうたくとしせいびこうだん

住宅・都市整備公団は、かつて存在した日本の特殊法人略称は「住都公団」。

住宅・都市整備公団法により、都市地域の居住環境の良好な集団住宅及び宅地の大規模な供給や市街地開発事業を目的に1981年10月1日設立され、日本住宅公団ならびに宅地開発公団の業務を承継した。

住宅及び宅地ならびに関連施設の建設または造成、賃貸その他の管理及び譲渡のほか、土地区画整理事業、新住宅市街地開発事業、市街地再開発事業、新都市基盤整備事業及び住宅街区整備事業などの施行、都市公園における公園施設の設置及び管理などをおこなった。

また、旧地方鉄道法による地方鉄道業を行うことも業務の範囲とされており、千葉ニュータウンへのアクセスとして千葉ニュータウン線を開業させた。さらに、建設大臣の認可を受けて、宅地に関連する一定の業務を行う事業に投資をすることができ、北総開発鉄道(現・北総鉄道)に資本参加していた。

1999年10月1日、都市基盤整備公団に業務が承継されたことにより解散。

2004年7月には、さらに都市再生機構へ移管された。