スマートフォン用の表示で見る

常温核融合

サイエンス

常温核融合

じょうおんかくゆうごう

1989年に米ユタ大学のフライシュマンとポンズが報告した現象。常温の重水中でパラジウム(Pd)を電極として電気分解を行うと核融合反応が起こるとした。

経緯については,http://www.ise.chuo-u.ac.jp/TISE/kyouyou/2fukaiy1995120/

最近の成果を探るには核変換で検索することをお勧めする。