Hatena Blog Tags

常温核融合

(サイエンス)
じょうおんかくゆうごう

1989年に米ユタ大学のフライシュマンとポンズが報告した現象。常温の重水中でパラジウム(Pd)を電極として電気分解を行うと核融合反応が起こるとした。
経緯については,http://www.ise.chuo-u.ac.jp/TISE/kyouyou/2fukaiy1995120/

最近の成果を探るには核変換で検索することをお勧めする。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

日本の安全保障問題を考えたときに、食料、エネルギー自給率を100%を目指すべきだと思います。

□日本の安全保障問題を考えたときに、食料、エネルギー自給率を100%を目指すべきだと思います。 筆者は、日本は、食料自給率、エネルギー自給率を100%にすることは、国家の安全保障にとって非常に重要なことだとつねに訴えています。その財源の確保を、如何にするか?それは、企業育成資金を使うことの活用を推進するという考え方をもっています。 以前のブログで、常温核融合技術を使えば、エネルギー問題は解決出来るという話を書きました。この技術は、まだこれから研究を進める点もありますが、現在休止している原子力発電所の核融合を起こすための制御棒を交換するだけで、放射能のでない安全エネルギーとして熱源を確保すること…

日本の目指すところは、食料自給率、エネルギー自給率を100%にすることだ。

□日本の目指すところは、食料自給率、エネルギー自給率を100%にすることだ。 筆者は、エネルギー自給率100%、食料自給率を100%にすることで国家の安全保障を維持することが重要だといえます。戦争がおこれば、昔から兵糧攻めという戦術があるように、食を狙った戦いというのが、常に歴史的には行われてきました。 ここ100年来の戦争は、エネルギー戦争ということで、化石燃料に対する権益に対して、世界が争いに巻き込まれることになりましたが、エネルギーも代替エネルギー技術も相当確立しており、かならずしも、化石燃料でなければ絶対に駄目であるという世界ではなくなってきています。やはり、そうなれば、残るは、食料問…