スマートフォン用の表示で見る

森田草平

読書

森田草平

もりたそうへい

1881年(明治14)〜1949年(昭和24)。本名、森田米松。小説家岐阜県生まれ。東京帝国大学英文科卒。夏目漱石に師事し、安部能成小宮豊隆鈴木三重吉とともに漱石門下の四天王に数えられる。『煤煙』で世に出る。のち、翻訳に転じ、ドストエフスキーゴーゴリなどを日本に紹介した。