森田草平

(読書)
もりたそうへい

1881年(明治14)〜1949年(昭和24)。本名、森田米松。小説家。岐阜県生まれ。東京帝国大学英文科卒。夏目漱石に師事し、安部能成小宮豊隆鈴木三重吉とともに漱石門下の四天王に数えられる。『煤煙』で世に出る。のち、翻訳に転じ、ドストエフスキー、ゴーゴリなどを日本に紹介した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ