水鏡天満宮

地理

水鏡天満宮

すいきょうてんまんぐう

福岡県福岡市中央区天神一丁目にある神社菅原道真を祀る神社である。また、「天神」の地名の由来となる神社である。

平安時代菅原道真が京より大宰府に左遷される道中で博多に上陸した際、四十川(現在の薬院新川)の水面に自分の姿を映した場所であるとされる今泉(現在の中央区今泉)に社殿が建造された。その後、江戸時代初期の慶長17年(1612年)に福岡藩初代藩主黒田長政によって福岡城鬼門にあたる現在の地に移転した。