スマートフォン用の表示で見る

翠玉白菜

アート

翠玉白菜

すいぎょくはくさい

翠玉(翡翠)を、白菜の形に彫刻した高さ19cm程の美術品。

葉の上にはバッタとキリギリスが彫刻されている。

現在は台湾台北市故宮博物院に収められ、同館を代表する名品の一つ。

2014年6月、東京国立博物館が開催する「台北 故宮博物院神品至宝―」にて、初めて海外出品されている。