スマートフォン用の表示で見る

静脈血栓塞栓症

サイエンス

静脈血栓塞栓症

じょうみゃくけっせんそくせんしょ

血栓塞栓症(寝ていた人が急に動き出すと、血栓が静脈から剥がれて肺に詰まる)とその元になる下肢の深部静脈血栓症(病気や手術で寝たきりなど長時間同じ姿勢を続けると下肢の深部静脈が圧迫され血栓が出来る)をあわせたもの。


手術を受ける人は医師と相談して肺塞栓症防止の対策を話し合うことが肝要。

特に、血栓症を指摘されている人は医師と相談の上、アスピリンヘパリン等の血液の固まりを防ぐ薬や血栓を溶かす薬を服用すると良い。

その他、予防には、水分を積極的に摂る(1.5-2.0L)、弾性ストッキングの着用や、枕を使って足を上げたり、動かしたり、足を空気圧で規則的に圧迫して血流を良くするフットポンプ(間歇的空気マッサージ)の使用等がある。

特に女性で帝王切開で出産する人は要注意。

エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)は、これの一種。