スマートフォン用の表示で見る

斉藤和巳

スポーツ

斉藤和巳

さいとうかずみ

斉藤和巳は、日本の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、評論家。

1977年11月30日生まれ、京都府京都市南区出身、192cm、96kg、B型、右投右打。

南京高等学校時代は2年秋からエースだったが、斉藤和巳のワンマンチームで、中西有希人(元ファイターズ)の東山高校に最後の府大会まで勝てなかった。

入団当初は登録名を「カズミ」としていたが、2000年のシーズンから本名の「斉藤和巳」に戻す。この年一軍定着、22試合に登板して5勝を挙げた。しかし翌2001年は右肩痛に苦しむものの、懸命のリハビリを経て2002年シーズン後半に復帰。

2003年は初の開幕投手を務めた。以後、前半戦はほぼ毎週土曜日、後半戦はほぼ毎週水曜日に先発、16連勝を含む20勝を挙げた。

そして2005年、その活躍を再現するかのように1999年の篠原貴行投手と並ぶ球団タイの開幕14連勝を達成した。

2008年より右肩痛再発のため3年間登板がなく、2010年オフに自由契約公示される。

2011年福岡ソフトバンクホークスの三軍リハビリ担当コーチに就任。ただし、この時点で引退の意思はなく引き続き復帰を目指してリハビリ中であった。

2011年オフ、タレントのスザンヌ(本名:山本紗衣)と結婚。*1

2013年7月、復帰を断念し、正式に現役引退を表明して、福岡ソフトバンクホークスを退団。

2015年3月17日、自身のブログにて、スザンヌと離婚したことを発表した。

経歴

年度所属背番号備考
1993-1995南京都高校-甲子園出場なし
1996-2013.7福岡ダイエーホークス
(05年より福岡ソフトバンクホークス
661995年ドラフト1位。96-99年までの登録名は「カズミ
2011年より三軍リハビリ担当コーチ

生涯成績

150試合登板、79勝23敗、勝率.775、846奪三振防御率3.33

個人タイトル

*1:斉藤は離婚歴があり、スザンヌとは再婚である。スザンヌは初婚。