絶筆

一般

絶筆

ぜっぴつ

 詩人、小説家など文筆活動を主とする人の、死ぬ間際の最期の原稿のことを言う。