スマートフォン用の表示で見る

前園真聖

スポーツ

前園真聖

まえぞのまさきよ

元日本代表のサッカーサッカー選手。

1973年生まれ。鹿児島出身

三浦知良と並んで、Jリーグ創成期のスター選手の1人。

Jリーグ開幕と同時に日本屈指のドリブラーとして頭角をあらわす。

94年にA代表デビュー以降はチームの中心的存在として、96年のアトランタオリンピックでも本大会出場、ブラジルに勝利などの結果を残した。2人3人とかわしていく鋭いドリブルに加えて正確なパスセンス、フリーキックで多くのサポーターを沸かせた。

しかし、97年のヴェルディ川崎 (現・東京ヴェルディ1969) 移籍以降、調子を落とし、海外へのレンタル移籍などを皮切りにチームを転々としたが、全盛期のような輝きを取り戻すことが出来ず、2005年に31歳で現役引退フィジカルの弱さという致命的な欠点を克服できなかった事が、自らの活躍の場を狭めていったという分析もある。

今後も解説や後進の指導にあたるなど、サッカーに携わっていく模様。