スマートフォン用の表示で見る

相模原市南区

地理

相模原市南区

さがみはらしみなみく

相模原市南区は、2010年4月1日相模原市政令指定都市移行の際に設置された区。

相模原市中央区座間市大和市厚木市東京都町田市に面している。

面積は38.2km²*1、人口は277,238人*2

区のカラーは「南区ブルー」*3

概要

南区役所がある相模大野駅周辺では、土地区画整理事業米軍施設の跡地利用が行われたことにより、商業・業務施設や高層住宅、文教施設などの多様な機能が集積し、本市の中心市街地の一つとして発展してきた。

また、区中央部の木もれびの森や県立相模原公園相模原麻溝公園などの緑、相模川沿いの田園地帯など、豊かな自然も広がっている。

一方、市内に3つある米軍基地のうち、キャンプ座間(172.6ha、座間市域は62.1ha)と相模原住宅地区(59.3ha)の2つが区の南側、小田急線沿線の市街地に位置していることから、計画的なまちづくりを進めていくうえで大きな障害となっており、市民生活に様々な影響を及ぼしている。

*1:市域の11.6%

*22014年9月1日現在

*3プロセスカラー:C85+Y35、RGB参考値:R0/G170/B180