尊皇論

一般

尊皇論

そんのうろん

天皇及び皇室を日本古来の血統を受け継ぐものとして崇拝するナショナリズム的な思想。尊王論とも呼ばれている。江戸時代末期に広まった思想で、開国以後は攘夷論と結びついて尊皇攘夷論となり、後に倒幕運動へと繋がった。