スマートフォン用の表示で見る

大学生・社会人ドラフト

スポーツ

大学生・社会人ドラフト

だいがくせいしゃかいじんどらふと

大学生・社会人その他を対象とした新人選手選択会議ドラフト会議)の呼称。

略称で「大社ドラフト」とも呼ばれる。

2005年、高校生選手選択との差別化を図るため、新設された。

対象者は当該年度卒業予定の大学生、社会人*1選手。

なお、野球協約におけるドラフト対象外選手*2も含まれる。

希望入団枠?が適用される。


*1:高卒の社会人選手は3年以上、大卒の社会人選手は2年以上のキャリアが必要。

*2:日本の高校を卒業していない選手や、外国のプロ野球チームで活躍する選手。