Hatena Blog Tags

双極性障害

(サイエンス)
そうきょくせいしょうがい

Bipolar Disorder の日本語訳。かつては「躁うつ病」と呼ばれていた、現在は双極?型障害を指す。DSMはこの用語を採用し、日本語訳としては双極I型障害、双極II型障害、気分循環性障害などに分類している*1。躁エピソードと鬱エピソードが繰り返されるのが双極?型障害、軽躁エピソードと鬱エピソードが繰り返されるのが双極?型障害である。双極?型障害は?型の軽症型ではなく、自殺リスクは?型よりも高いという研究結果もあるくらいで、別のタイプの障害であるととらえるとよい。双極性障害は遺伝子が関わっていると言われているが、?型と?型では関わっている遺伝子が異なってるらしいことが分かっている。双子や親子など、?型は?型患者に、?型は?型患者に遺伝することが分かっている。但し、発病は遺伝のみに依存せず、ストレスや生活習慣などの環境要因も大きな要素であると言われている。今のところはっきりとして発病メカニズムはほとんど解明されていない。ある研究ではミトコンドリアのカルシウムイオンチャンネルの異常が原因ではないかという議論がなされている*2
躁状態抑うつ状態を主な症状とするが、その程度や波の周期は患者により異なっているとされる。
代表的な治療薬はリチウム塩やバルプロ酸など。リチウムイオンが何故気分の安定化に作用するのかはまだ解明されていない。

*1:なおDSMでは単極性の躁病を双極性障害に合わせてしまっているので、躁病は無くなっている。

*2:http://www.brain.riken.jp/jp/faculty/details/22

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

超越こそ最終境地、成人。。

マクロ経済学では国内総生産など、統計を使って各種の指標を作ることが大事である。資金循環表では資金のフローとストックを各種相互作用を見ながら掴むことが重要である。労働統計では失業率など統計で労働者の様子を掴むことが肝要である。経済成長では各種、各合理性の資本蓄積を見ながら全体的成長を把握することが大事である。短期モデルではケインズモデルに学び乗数効果など、に配慮を払いながら観察することが大事である。中期モデルは企業の独占力に注意を払いながら貨幣ショックなどで、移動することを観察することが大事である。ニューケインジアンモデルではミクロからの数式の導入をしながらマクロモデルを繰り広げることが大事であ…