スマートフォン用の表示で見る

大空翼

マンガ

大空翼

おおぞらつばさ

漫画『キャプテン翼』の主人公。

MFで背番号は10番。

南葛小→南葛FC→南葛中→サンパウロFCFCバルセロナバルサB→FCバルセロナ(2+8)

必殺シュートはオーバーヘッドキック、ドライブシュート、フライングドライブシュート

根っからのサッカー小僧で、「ボールはともだち」が信条。明るく温厚で争いは好まないが、フィールドに出ると表情が一変する。幼なじみの「あねご」を巡って、ボクシング部の神田と争いになった時には、神田の右肩にキックを放ち沈黙させたことも。

サッカーテクニックは、元ブラジル代表のエース・ロベルト本郷仕込みだけあって、世界クラスになっている。ドリブルもヒールリフトなどを多彩に使い分け、相手チームの執拗なマークもものともしない。人の得意技は自分のものにしないと気が済まない性分で、若島津健の三角跳びをマスターして隼シュートをクリアする描写もある。パワーでも小学校時代に日向小次郎に競り勝つ場面もあり、FCバルセロナではファンタグラジスタとして体格も当たり負けしない選手として成長を遂げている。

南葛SC時代から岬太郎とのゴールデンコンビは有名で、緻密なパスワークで相手フィールドに切り込み、ツインシュート若島津健からゴールを奪うこともあった。

ゲーム版では、ブラジルで伝説の選手・ジャイロの必殺技「サイクロン」を習得し、さらに「ブーストサイクロン」も習得。ジュニアユース編では日向小次郎とのコンビシュート「ドライブタイガーツインシュート」を使うこともできる。ドリブル技では、ミルチビッチのナナハンタックルに対してクリップジャンプを使う場面もある。