大島公一

スポーツ

大島公一

おおしまこういち

プロ野球選手(内野手)、指導者。

1967年6月17日生まれ、東京都出身、O型、右投両打。

現役時代は大石大二郎の晩年に重なる形となり、二塁のポジションを大石と争う形となったが、3年目に不振に陥り、1996年にブルーウェーブに移籍。移籍後はイチローとのコンビという意味合いで背番号52をつけ、ここぞという場面で活躍した。

同年9月23日、パ・リーグ優勝を決めた試合で、延長10回のイチローのレフト線へのヒットで一塁から一気に生還、サヨナラタイムリーとした。優勝、日本一にも貢献した。その後、弱体化が進んでしまったチームの中で二塁手ずっとレギュラーを守り続けた。

2005年に現役引退し指導者に転身。

漫画『ササキ様に願いを』では「ププ会」の会長として会をまとめ上げていた。

経歴

年度所属背番号備考
1983-1985法政大学第二高校-甲子園出場あり
1986-1989法政大学-主将を務め、3期連続ベストナイン
1990-1992日本生命-バルセロナオリンピック出場
1993-1995近鉄バファローズ001992年ドラフト5位。同期の内匠政博?は社会人時代からの親友
1996-2004オリックス・ブルーウェーブ52大島、久保充宏?⇔堀江賢治?、高嶋徹?との交換トレード
2005東北楽天ゴールデンイーグルス13分配ドラフト
2006-オリックス・バファローズ76一軍打撃コーチ